-DERRUMBES-『メスカルを飲みながらメキシコを巡る旅』

ブランドコンセプトに掲げられている通り、メキシコの様々な州で造られたメスカルで、ボトルの名前はそれぞれ造られた州の名前が付けられています。

メスカルってどんなお酒?

原材料のアガベの品種は200種類以上あり、ブルーアガベのみを使用するテキーラとの一番の違いは、
その200種類以上あるアガベのどの品種を使ってもよい。という所です。

デルンベスは銘柄によって違うアガベの品種を使っており、それによって同じブランドでありながら各州の特徴を感じられる味わいになっています。
その異なった魅力のある6本を飲み比べながらメキシコに思いを馳せると、ブランドコンセプトの通りメキシコを旅しているような感覚が楽しめると思います。

-DERRUMBES- それぞれの特徴は?

・OAXACA -オアハカ- 品種:エスパディン、トバラ

一番メジャーなメスカルの生産地。メスカルの代表的な品種のエスパディン70%と野生種のトバラ30%使用。
特徴として木桶で発酵する際にする際にプルケを4%ほど加えている。

味わいはアガベらしい青々しさとメスカルらしいスモーキーさを味わえます。ザ・メスカルといった味わいです。

・SAN LUIS POTOSI -サンルイスポトシ- 品種:サルミアナ

チャルカスという砂漠のように乾燥した地域の近くで造られる。
アガベを加熱する際に木ではなく乾燥させたキオーテ(アガベの花を咲かせる幹)を使用するため、スモーキーさは穏やか。
香りが良く、乳酸感や花のようなニュアンスが感じられ、味わいは程よい苦味とコクがあり旨みを感じます。

・TAMAULIPAS -タマウリパス- 品種:ファンキアナ、ユニピッタータ、アメリカーナ

三つの異なるアガベをブレンドした素晴らしいアンサンブル。ブレンドした事により複雑味があり、飲んだ人によって感想が違うことも多く、色々な人と一緒に飲んでもらいたい一本。
ブルーアガベのみ使用可能なテキーラと違う、メスカルらしい特徴です。
味わいは、銀杏やお香のようなオリエンタルさ、チリ系のスパイスの印象もあります。

・DORANGO -ドゥランゴ- 品種:ドゥランゲンシス

ドゥランゴ州に自生する野生のアガベを使用。地元ではセニソ(灰)として知られています。
フルーティーさと活気に満ち溢れた味わいが特徴。
香りは土埃の大地を連想させ、スモーキーさの中に甘酸っぱい香り。味わいは黄色い果実の甘み、柿やマンゴーのニュアンス、ほんのりベジーな印象も。

・ZACATECAS -サカテカス- 品種:アガベアスル

テキーラに使われているアガベと同じ品種で造られているメスカル。
製造過程が、ピットロースト(地中を利用した石窯でアガベを加熱)、タオナ(石臼でアガベジュースを絞る)、自然発酵などクラシカルな工程で造られています。
※サカテカスに限らず、メスカルはテキーラと比べクラフトな造りの物が多いです。
香り穏やか、スパイシーさとアガベの苦味のバランスが良いです。ハーバルなニュアンス。

・MICHOACAN -ミチョアカン- 品種:クプレアタ、イナエキデンス

フルーティーな酸味が特徴のクプレアタ、500kgから6kgしかお酒を造れない希少種のイナエキデンスを使ったメスカル。どちらの品種もミチョアカンの象徴的なアガベです。
試飲会で一番人気のあるメスカルです。
香りは赤土に大地と甘みのある酸味が感じられ、味わいは豊かな甘みの中にチェリーや杏子、スモークのニュアンスが感じられます。

-DERRUMBES-『メスカルを飲みながらメキシコを巡る旅』

Derrumbes OaxacaはEspadin(三代続く農家)で作られています。 アガベは黒いオークを使って地下の石のピットで調理されスモーキーになります。 野生酵母が72時間のプロセスを完了する前に、 アガベアメリカーナからのパルクを添加することによって、発酵は当然助けられる。 銅鍋で2回蒸留し大きなガラス瓶で最大3ヶ月間休息してから出荷されます。 ブランド DERRUMBES (デルンベス) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 オアハカ州 アガベ栽培地 オアハカ州 NOM F283D アルコール度数 46% サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml 原料 100% Agave
DERRUMBES San Luis Potosiはサンルイスポトシの州の高地中央メキシコ高原で作られた非常に特殊なスタイルのメスカルです。この地域の野生のアガベSalmianaから作られ石灰質土壌のアガベは、テロワールの特徴を劇的に表しています。Hornos(地上オーブン:スモーキーさを与えない様に)で調理、アガベはタホナで押しつぶし、野生の酵母で自然発酵小さな銅製ポットスティルで2回蒸留されます。 ブランド DERRUMBES (デルンベス) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 サンルイスポトシ州 アガベ栽培地 サンルイスポトシ州 NOM F283D アルコール度数 43% サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml 原料 100% Agave
Univittata、Funkiana、Americanaの3種類のアガベを融合させた 素晴らしいアンサンブルをお届けします ブランド DERRUMBES (デルンベス) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 タマウリパス州 アガベ栽培地 タマウリパス州 NOM F283D アルコール度数 48.1% サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml 原料 100% Agave
デュランゴはメスカル地域で最も北東の州で、野生ではあるが豊富なアガベドゥランセンシスとして知られています。 地元ではCenizo(色のため「灰」)として知られています。 Maestro Mezcalero Uriel Simentalは、伝統的な製法に従って、ホーノ・デ・ティエラ、タホナ、自然発酵、銅製釜蒸留器での小規模蒸留を使用しています。 得られた風味特性は、フルーティーで刺激的で、トロピカルフルーツ、柑橘類(ポメロ)、タマリンドのほのかな香りがしています。 それが口蓋に当たるとき、それはこれらのフルーティーで活気に満ちたノートで爆発し、 そして口の中でテクスチャード感触を持ちます。 仕上がりは新鮮でフルーティーです。 ブランド DERRUMBES (デルンベス) 熟成度 無 蒸留所 所在地 ドゥランゴ州 アガベ栽培地 ドゥランゴ州 NOM F283D アルコール度数 46% サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml 原料 100% Agave
100%テキーラナウェーバーから作られています。(テキーラに使われるアガベです。) バニュエロス家は、伝統的なメスカルを生産する サカテカスの数少ないメスカレロです。 ピットロースト、タホナ、自然に発酵したデルンベス サカテカスは、 ブルーアガベのより古い表現を実現しております。 ブランド DERRUMBES (デルンベス) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 サカテカス州 アガベ栽培地 サカテカス州ウィツィラ村 NOM F283D アルコール度数 45.7% サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml 原料 100% Agave
2種類(Cenizo/Cupreata)のアガベがDerrumbes Michoacanの生産に使用されています。 ブラックオークを使った地下石ピットで調理されたDerrumbes Michoacanは、 松の木が並ぶ地下タンクで発酵されています。 ブランド DERRUMBES (デルンベス) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 ミチョアカン州 アガベ栽培地 ミチョアカン州 NOM F283D アルコール度数 45,3% サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml 原料 100% Agave
「メスカルを飲みながらメキシコを巡る旅を楽しむ」という事をブランドのコンセプトに掲げ、メキシコの様々な州で、異なる種類のアガベをベースに作られています。 『アガベの多様性や、テキーラより歴史の古い伝統的なメキシコのスピリッツであるメスカルをもっと知ってもらいたい』という思いが込められたデルンベスの六種類セットです。 ブランド DERRUMBES (デルンベス) 熟成度 無 蒸留所 アガベ生産地 NOM F283D アルコール度数 サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml×6本 原料 100% Agave
Cebúは、メキシコはもちろんアメリカや中南米、ヨーロッパ、日本など世界各国で展示されている絵画を中心としたアート作品を創作するメキシコ出身のアーティストGuillero Olguín の手掛けたボトルデザインで、オアハカのLos Amantes蒸留所と共同でつくられた新しいブランドです。 ブランド名のCebú (セブ)とはコブウシのことで、もともとオアハカにあるGuilleroさんの自宅兼アトリエで家畜として育てていたコブウシと、自宅に咲く花からインスパイアされて描いた一枚の絵が、ボトルデザインになりました。 ちなみに、あまりに大きく育ち過ぎたそうで…現在モデルになった牛は、メスカルがつくられるLos Amantesの蒸留所の広い敷地で大切に育てられています。 そして、Cebú をつくる時だけタオナを馬ではなくこのコブウシがひいているそうです。 ブランド Cebú (セブ) 熟成度 ホーベン 蒸留所 ロス・アマンテス 所在地 オアハカ州 アガベ栽培地 オアハカ州 NOM アルコール度数 45% サイズ(幅×奥行×高さ) 作成中 内容量 750ml 原料 100% Agave
Spinner