〜10000円

 香りはフレッシュさを感じ、味わいはバランスよく、 スモーキーさも穏やかでカクテルにも向いています。土を円錐型に掘りアガベを加熱、粉砕はタオナ (石)で、発酵は木の桶、蒸留は銅製の容器で2回行う、クラシックな製造方法(アルテサナル)で造っています。  ブランド SAN COSME(サンコスメ) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 オアハカ州サンティアゴ マタトラン アガベ栽培地 オアハカ州サンティアゴ マタトラン NOM アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave(エスパディン)
ブランコテキーラを短期間赤ワインの空き樽で熟成させた1本。ワイン樽の影響もあってフルーティな味わいが楽しめます。 イッキではなくじっくり飲んでも楽しめるテキーラでしょう。 ブランド AHA TORO (アハ トロ) 熟成度 ブランコ 蒸留所 グルーポ・テキーレロ・デ・ロス・アルトス 所在地 ハリスコ州ロスアルトス南部 アガベ栽培地 NOM 1548 アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 約5.7cm×16cm×22.4cm 内容量 750ml 原料 100% Agave
USDA認定オーガニックテキーラ。 収穫:テキーラ地区のオーガニック畑で8年間栽培し熟成したアガベを厳選し、ヒマドールが収穫します。 加熱:アガベのピニャを分割してステンレス製のアウトクラベに入れて、8~9時間かけて蒸し上げます。ステンレス製であることで、常により衛生的な加熱とエネルギーの節約が可能になります。 圧搾:加熱調理したピニャはシュレッダーに入れられて粉砕され、6段階ある圧搾機で果汁が豊かなアガベジュースを絞り出します。 発酵:アガベジュースは発酵槽に入れられ、そこにアガベから採取した天然酵母を添加します。化学的な発酵プロセスを経て、糖分がアルコールに転換され「モストムエルト」と呼ばれる液体が作り出されます。 蒸留:内側が銅製の単式蒸留器で2回蒸留します。最初の蒸留でヘッドとテールを除去し、オルディナリオと呼ばれるテキーラが抽出されます。続いて二回目の蒸留で「テキーラブランコ」となります。アガベの上品で洗練された香調(ノート)が保たれています。 熟成:ホワイトオーク樽で「テキーラアネホ」用には1年以上熟成します。 バニラや焼きアガベ、胡椒のニュアンスも感じられる香り、味わいはカラメルやオーク樽が感じられ、口当たりは非常にスムース。 ブランド Tierras (ティエラス) 熟成度 アネホ 蒸留所 オーテンティカ・テキーレラ 所在地 ハリスコ州ロスヴァレス アガベ栽培所 NOM 1502 アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave
メスカルの原材料アガベの中で唯一畑での栽培が可能な品種 ESPADIN から作られた AMORES のフラッグシップメスカル。 甘い香りとなめらかな口当たりに始まる 女性的な華やかさと乾いた男性的なミネラルが共存する1本。 アルコール度数やや低めのスムーズな飲み心地は地に足ついた安定感です。 ブランド AMARAS(アマラス) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 アガベ栽培地 オアハカ州 NOM アルコール度数 37% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 700ml 原料 100% Agave
『100年以上の伝統、そしてその先へ。』 日本人初のテキレロ(テキーラ職人)の景田 哲夫さんが働いている事でも有名なTequila Cascahuin蒸留所。 その歴史は古く、1904年にハリスコ州はバジェス地区、エル・アレナル自治区でその産声を上げました。 代々、父から子へと受け継がれた伝統的な製法を守ることによって生まれた高品質なテキーラはテキーラ本来の風味があり、 シンプルかつ自然な甘みが感じられるブランドです。 ちなみにブランド名でもある"Cascahuin(カスカウィン)"は、プレ・ヒスパニック言語で"光の丘"もしくは"丘の祭り"を意味します。 この丘の名前は今でも、エル・アレナル自治区のランドマークとして内外で認識されています。 20年間以上に渡りテキーラの熟成に使われたアメリカン・オークの中古樽で、6~7ヶ月の間熟成されます。 テキーラ本来の張りと樽香との均整のとれた中期熟成テキーラ特有の味わいが特長です。 ブランド Cascahuin(カスカウィン) 熟成度 レポサド 蒸留所 テキーラ・カスカフイン 所在地 ハリスコ州ロスヴァレス アガベ栽培地 NOM 1123 アルコール度数 38% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave
透明で純度の高い製品を目指し、2010年にAlacranが創立しました。こちらのテキーラを一から生産。アガベ、材料、アルコールやボトルまで細かくセレクトし、最級のテキーラを提供しています。 ブランド Alacran (アラクラン) 熟成度 エクストラ アネホ 蒸留所 プロダクト・フィノス・デ・アガベ 所在地 ハリスコ州ロスアルトス南部 アガベ栽培地 NOM 1416 アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 約10m×6cm×23.7cm 内容量 750ml 原料 100% Agave
無添加で高品質&超良コスパなブランド。 ・リーズナブルかつ良コスパの理由。元々アガベ農家だったブランドで、広い自社農園を持っています。昨今のテキーラ人気により原材料のブルーアガベの価格が高騰している事もありテキーラの価格が全体的に値上がりしている中、自社栽培のブルーアガベを使う事で安定した価格でテキーラを造れます。・添加物を使わずに安定した高品質のテキーラを造れる理由。良質なアガベが栽培できる傾向のあるロスアルトス地方にある自社農園のブルーアガベを使う事で高いクオリティを、そして安定した味わいにするために何個かのタンクのテキーラをブレンドしているそうです。 オリヘン(通常ライン)との造りの違い。 ・加熱時間どちらもマンポステリア(レンガ窯)で蒸し焼きにする所は一緒なのですが、オリヘンが約72時間ほどかけているのに対し、13時間ほど長い85時間以上の時間をかけています。じっくり長時間加熱することでブルーアガベの持つ甘みをより引き出しています。ちなみに発酵にも時間と手間を多めにかけているそうです。・蒸留の際のヘッドとテールの大胆なカット蒸留して出来た液体の最初の方にはメタノール、最後の方には水が多く含まれ、各蒸留所がブランドに合わせて最初(ヘッド)と最後(テール)の部分をカットするのですが、ドンナチョ エクストラプレミアムはそこを大胆にカットすることで落ち着いて丸みを帯びた飲みやすいテキーラに仕上げています。 アネホはアメリカンホワイトオーク2年熟成。熟成感があり、とても上品で滑らかでコニャック想わせるテキーラ。 ブランド DON NACHO (ドン ナチョ) 熟成度 アネホ 蒸留所 ファブリカ・デ・テキーラ・ドン・ナチョ 所在地 ハリスコ州ロスアルトス南部 アガベ栽培地 ハリスコ州ロスアルトス NOM 1508 アルコール度数 38% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave
『100年以上の伝統、そしてその先へ。』 日本人初のテキレロ(テキーラ職人)の景田 哲夫さんが働いている事でも有名なTequila Cascahuin蒸留所。 その歴史は古く、1904年にハリスコ州はバジェス地区、エル・アレナル自治区でその産声を上げました。 代々、父から子へと受け継がれた伝統的な製法を守ることによって生まれた高品質なテキーラはテキーラ本来の風味があり、 シンプルかつ自然な甘みが感じられるブランドです。 ちなみにブランド名でもある"Cascahuin(カスカウィン)"は、プレ・ヒスパニック言語で"光の丘"もしくは"丘の祭り"を意味します。 この丘の名前は今でも、エル・アレナル自治区のランドマークとして内外で認識されています。 レポサドと同条件の下で14~16ヶ月の間熟成されます。 毎日飲んでも飽きのこないシンプルでありながら奥行きのある味は、 ストレートはもちろん、ロック・スタイルでも愉しめます。 ブランド Cascahuin(カスカウィン) 熟成度 アネホ 蒸留所 テキーラ・カスカフイン 所在地 ハリスコ州ロスヴァレス アガベ栽培地 NOM 1123 アルコール度数 38% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave
ブランド名の「WAHAKA(ワハカ)」は、産地のオアハカに由来します。WAHAKAのボトルラベルは、オアハカの伝統的なアートでそれぞれのメスカルの特徴や出来上がるまでのストーリーを表現 しています。オアハカの文化をイメージした 鮮やかなラベルは、アースカラーの多い商品棚やバックバーに彩を添えてくれます 。アガベ自社農園で8 年以上かけ成熟 させた オーガニックアガベ又は熟練のコルタドール(職人)が厳選した野生のアガベを 100 %使用しています。人の手で栽培することのできない希少な 野生 アガベ を使った メスカルが絶えることのないよう、野生アガベ の収穫は 毎年少量 に 限定 しています 。 「レポサドコングサノ(アボカドコングサノ)」は、6ヵ月樽熟成する際に グサノも一緒に入れて熟成しています。 ・国内唯一の洋酒コンペティション 「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」2022でメダルを獲得。 エスパディン 金賞 ボタニカコ 金賞 レポサドコングサノ 銅賞 ブランド WAHAKA(ワハカ) 熟成度 レポサド 蒸留所 所在地 オアハカ州サンディオニシオ オコテペック アガベ栽培地 オアハカ州サンディオニシオ オコテペック NOM O148X アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave エスパディン
ブランド名の「WAHAKA(ワハカ)」は、産地のオアハカに由来します。WAHAKAのボトルラベルは、オアハカの伝統的なアートでそれぞれのメスカルの特徴や出来上がるまでのストーリーを表現 しています。オアハカの文化をイメージした 鮮やかなラベルは、アースカラーの多い商品棚やバックバーに彩を添えてくれます 。アガベ自社農園で8 年以上かけ成熟 させた オーガニックアガベ又は熟練のコルタドール(職人)が厳選した野生のアガベを 100 %使用しています。人の手で栽培することのできない希少な 野生 アガベ を使った メスカルが絶えることのないよう、野生アガベ の収穫は 毎年少量 に 限定 しています 。 ・国内唯一の洋酒コンペティション 「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」2022でメダルを獲得。 エスパディン 金賞 ボタニカコ 金賞 レポサドコングサノ 銅賞 ブランド WAHAKA(ワハカ) 熟成度 ホーベン 蒸留所 所在地 オアハカ州サンディオニシオ オコテペック アガベ栽培地 オアハカ州サンディオニシオ オコテペック NOM O148X アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave エスパディン
~メキシコの名馬の名を冠したテキーラ「アレッテ」~ 1948年に開催されたロンドン世界大会の障害馬術でメキシコが見事に優勝を飾りました。片目が見えないハンデを乗り越えた優勝馬「アレッテ」。情熱と強さを表現したいという思いでこの名前を付けました。 アレッテは、エドゥアルド・オレンダインとハイメ・オレンダインの兄弟によって、テキーラ村の中でも最も古い蒸留所のひとつで50年に渡り作り続けられている伝統的なテキーラブランドです。 ・アレッテが出来るまで 7年以上栽培したバジェス地方のアガベを使用し、アウトクラベで15時間、またはマンポステリアで15時間かけてアガベを蒸し上げ、その後釜の中でアガベを冷ましたあと、4段階のローラーミル(シュレッダー)でゆっくりとすり潰すようにアガベジュースを搾汁します。オリジナルの自然酵母で自然発酵しステンレス製の発酵槽で4日間かけて発酵します。添加物は一切加えずに「アガベアスル」と「水」と「酵母」のみを使用しています。蒸留器は2種類のサイズを使い分け、大きめサイズで1回目。続いて少し小さいサイズで2回目を蒸留します。メタノールや苦みのもとになるヘッドとテールは大幅にカットされ、ブランコは蒸留所2ヵ月寝かせて落ち着かせてからボトリングされます。熟成には、アメリカ製のものでジャックダニエルやウッドフォードの中古樽を使用。レポサドは6ヵ月熟成しています。 ・味わいの特徴 熟成 : 6か月キャラメルやバナナの香り、アガベの清涼感も感じられ、アーモンドの風味があり丸みのある味わい。ゆっくりとストレートで飲むのがおすすめです。 ブランド ARETTE(アレッテ) 熟成度 レポサド 蒸留所 テキーラアレッテデハリスコ蒸留所 所在地 ハリスコ州ロスバジェス地方 アガベ栽培地 NOM 1109 アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 700ml 原料 100% Agave
G4と同じエルパンディージョ蒸留所で造られたテキーラです。G4との一番の違いは使っている水で、G4が雨水と湧き水をブレンドして造っているのに対し、テラルタは井戸水を使用しています。焼きアガベの自然な甘味、大地を思わせるようなアーシーさも魅力の一本です。※今回はお試しという事で少量のみの入荷となりました。色々な方に手に取ってみて頂きエルパンディージョ蒸留所のテキーラの良さを知ってもらたいという思いもあり2本までの購入制限とさせていただきます。 四代続く名門カマレナ家の造る天と地の恵みのテキーラ。 添加物を一切使わず、豊かな土壌で育ったアガベで造られています。 妥協のない伝統的手法で丁寧に造られた最高峰のテキーラです。 圧搾は最新技術のフランケンシュタイン。タオナと同じような原理で雑味がまじりづらいように造っています。 ブランド TERRALTA(テラルタ) 熟成度 ブランコ 蒸留所 エル パンディージョ 所在地 ハリスコ州ロスアルトス南部 アガベ栽培所 ハリスコ州ロスアルトス NOM 1579 アルコール度数 40% サイズ(幅×奥行×高さ) 内容量 750ml 原料 100% Agave
Spinner